ロンボク島の焼物

Posted by chuchulabo on 12月 17, 2013
未分類

バリのお土産にもよくありますロンボクの花瓶や お皿。 優しくて細かな出来上がりで私は好きです。

ロンボクは出来上がった焼物にラタンを編みこんで いく細かな作業です。 一つ一つ丁寧に手作業で作るロンボク焼きは さすが、気長の人々の作品だなって思わせます。

以前ロンボク焼きの大きな傘立てを売ったことが ありました。 実際は花瓶なんでしょうが、日本ではやはり 傘立て!?って感じだったけど 存在感と重厚感が最高の品でした。 結構な数が入ったけど、そのときはまだバリの ロンボク島の焼物なんてあまり知れてなかったので お客様も大満足の品でした!!!

今は大きめのものは売ってはおりませんが、 お皿をトレイ代わりにウッドカービングの花や生花などを ちらしておしぼりを洗面所などに用意しておけば お客様なども喜ばれると思います。

他には食べ物を入れたり、フルーツを盛ったり 大きめのアクセサリーを入れておいたりなどなど!!!

お皿立てを買って棚に並べながら飾ってもいいですよね。

お皿以外にもいろんなタイプがあります。

Comments are closed.